四十路パート暮らし時給820円 > 過去ログページ
スポンサーリンク 








2015年09月03日

佐野研二郎に対してネットリンチが趣味の人なんて飽きたら次いくって記事見たわ







ポチしてくれたら無職女が喜びます











http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00000090-nksports-ent



盗作疑惑などで注目を集めた同エンブレムは、大会組織
委員会が使用中止の方針を固めた。佐野氏は自身のホー
ムページで「模倣や盗作は断じてしていないことを誓
って申し上げます」と当初からの主張を繰り返した
が、「批判やバッシングから、家族やスタッフを守る
為にも、もうこれ以上今の状況を続けることは難しい」
として、デザインの取り下げを決断したと明かした。

批判やバッシングに関しては、毎日、誹謗中傷のメール
が送りつけられ、自身だけではなく家族や無関係の親
族の写真がネット上にさらされるなどの事態となって
いるとし、「もうこれ以上は、人間として耐えられ
ない限界状況」だと訴えた。

能町さんは2日にツイッターで、佐野氏へのバッシングが
過熱する状況について「仮に盗作だったとしたら、メ
ールアドレスを勝手に方々で登録したり、家族の写真を
あげて中傷したりするのも当然、って思ってるのかな
」と、誹謗中傷する側を批判。佐野氏に対しては
「ネットリンチ趣味の人なんて次の標的が見つかった
らすぐそっちにいくんだからそれまでどうにか耐え
るんだ佐野さん、という気持ち」とエールを送った。



うーんこれさいつも思うんだけど

ネットの声って

全部一緒にされちゃうわよね

家族の写真晒したりするのは

NGだと思うのよ

そこまでやったらいけないと

思うわ

罪人が出たら

一族郎党殲滅いたす!

って時代じゃないからね

でもそれをもってさ

普通に批判している人も

全部一緒にして

ネットリンチに加わっている

けしからん!

っていう人いるじゃないの

そこは明確に違うのよ

佐野さんのパクリ騒動だけど

どう見てもアウトだし

それをコメンテーターが批判したら

オッケー

ネットが批判したら

ネットリンチ

みたいなさ

それは違いますがなって話なのよ

そりゃ批判はでるでしょって話よ

今の時代マスコミだけが

意見を

発信できるわけじゃないからねぇ

そもそも

ネットの声っていったって

この能町さんって人も

ツイッターで発信しているんだから

ネットの声の一部っていう話でしょうにさ

もう

ネットって言葉は

世間って置き換えるくらい

広い広い世界になっているのよね

それでさ

なんとか耐えるんだ!っていうのは

むしろ

佐野さんの子供にいってあげるべきなのよね

子供が親の尻拭いをする必要は

本来ないんだから

そこはもう耐えて耐えてって世界なのよ

佐野さん自身は

やはり

自分がやったことの

けじめっていったら

筋もんみたいだけど

誹謗中傷を盾にして

隠れるっていうのは

ちょっと違うんじゃないかなと

思うわけよね

本来的にいえば

パクられたほうが被害者だからさ

そこの部分すり替えたらいけないわ

新たにこの画像が問題になっていたけど

右が佐野さんのデザインね

佐野さん.jpg

もうあれよ

ドラえもんを

トラエモン

っていって漫画書いて

売り出すレベルよね

こりゃあきまへん

通りまへん

って思うでしょこれは

というよりオリンピックがなかったら

ずっとこのやり方がまかり通っていたと思うと

デザイナー業界って何なのかしらって

逆に思っちゃうわよね

って別に逆でもないんだけどね

語呂的に使ってみただけよ

それでさ

ネットの誹謗中傷に関してはね

私も気をつけているのよ

どこまでが批判で

どこからが誹謗中傷なのかってさ

その線引きって本当難しいのよね

批判がない社会っていうのは

北朝鮮になっちゃうだろうし

誹謗中傷まみれの社会も

生きにくいだろうしさ

バランスが重要ってことね

生きるっていうのは

試行錯誤の連続なんだわさ

と知ったような事を書いたところで

失礼します





わてらに一票頼むニャン

にほんブログ村 その他生活
ブログ 節約・節約術へ




スポンサーリンク










訂正 熊町→能町
posted by パート女 at 07:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

サザエさんがもう限界って記事見たわ







ポチしてくれたら無職女が喜びます





ネットなどでも「サザエさんはもう限界」として、
さまざまな書き込みがある。確かに、「世田谷区の
7人家族で平屋住まい」「亭主関白」「主婦が和装」
「食事がチャブ台」「ブラウン管のテレビ」「黒電話」
「酒屋の御用聞き」「子供の人気スポーツが野球」
「宿題を忘れたら廊下に立たせる」など、今の子供たちには説明されないと何一つ
理解できない異次元設定だらけ。

「かといって、三河屋さんをコンビニに変えたり、テ
レビをプラズマに変えたり、サザエさんがスマホを持
つわけにはいきませんからね。タラちゃんが一人で出か
けるのも今なら危ないという声もあるそうです。しかし、
それを全て変えたら『サザエさん』ではなくなってしまい
ますから、限界説が出てくるのもしかたないのかもしれません」
(テレビ評論家)

 大人たちが「昔はこうだったんだよ」と説明しながら子供
たちに見せるのも限界なのだろう。「ドラえもん」にはタイム
マシンと四次元ポケットという時代を超越する武器があるが、
「サザエさん」には車もLINEもない。フジテレビが誇る国民的
長寿番組だが、DAIGOのマラソンによって露呈した人気急落ぶり。
これ以上視聴率が落ち続けると、よもやの「打ち切り」が
浮上するかもしれない。




うーんどうなのかしら

あの国民的アニメ

サザエさんの

視聴率

数字が

落ちているらしいのよ

まさかの一桁(8.8%)を記録

理由としては

設定が無理があるってね

でもさ

時代劇ってあるじゃない

ああいう風に見ればいいのよね

それだったら

サザエがチョンマゲにしているのも

納得できるでしょ

武士なのよサザエは

カツオは商人だけどね

だいたい

現代にマッチしたアニメ作ってもさ

たぶんみんな見ないわよ

子供がずっとラインやっていて

両親がずっとスマホゲーやっていてさ

そんなアニメ

見ていても面白くないでしょ

そもそも

テレビ自体

もう

オワコンに向かいつつあると

そういうことじゃないかしら

まぁオワコンといえば

このブログも

オワコンっぽいけどね

無職女だと

書くことなくなるんだわさ

パソコンでカタカタカタカタやっているだけだからさ

コンテンツとしては最低よ

なんとか皆様に見てもらえるような

ものを

書くために

発想の転換をしなくちゃならないわね

環境に対応しないと

テレビ番組もブログも

終わってしまうのよ

まぁ誰も見なくても

経費がかかるわけじゃないから

細々やっていけばいいんだけどね

アクセス数とかブログ村のポイントとか

見ずに気楽に書いていこうかしら

それじゃ

カタカタ女に戻ります

バーイ!


わてらに一票頼むニャン

にほんブログ村 その他生活
ブログ 節約・節約術へ




スポンサーリンク







posted by パート女 at 13:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする