四十路パート暮らし時給820円 > 過去ログページ
スポンサーリンク 








2016年02月07日

100円オサレパスタ







ポチしてくれたら無職女が喜びます

こんばんは

気付けば24時を超えて

幽霊たちが騒ぎだす時間

いかがお過ごしかしら

今日の晩御飯はね

オサレパスタ

コーンスープ

で100円で済んだわ

オサレポイントはね

2.2ミリの太麺ってところよ

ハイソでしょ

あなどっちゃだめよ

それじゃ

お風呂入ってきますね

おやすみなさい

わてらに一票頼むニャン

にほんブログ村 その他生活
ブログ 節約・節約術へ



スポンサーリンク








posted by パート女 at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

息子夫婦に通帳預けるのは危険じゃないかしら







ポチしてくれたら無職女が喜びます


こんにちは

アラスカ物語

読んだのだけど

極限の状態に置かれた人間が

いかにその状況を打開して

生存するか?

私こういうの

何故か

好きなのよね

自分がやってみたいとは思わないけどさ

小説で書いてみたいんだわさ

今年はいろいろ飛躍の年にするわよ

ところで

息子夫婦を信用して通帳預けてもいいのか

ってトピ見たわ


大変お恥ずかしい話です。

息子夫婦は結婚当初からお金にだらしない所がありました。
結婚したいがお金が無い、新婚旅行に行きたいが
お金が無い、小遣いが無い、賃貸の敷金が無い、無いずくしの
生活を始めました。全て私の負担でした。
別居では生活できないと同居を求められ
二世帯住宅を建てました。
それからもやれ車が欲しい、やれ家電製品が壊れたと
お金の無心がありました。
援助をした私が悪いのです。突き放すべきでした。

私は老後は施設入居を希望しております。
数千万ですがちょまちま節約し貯えました。
息子夫婦が、かあちゃんに万が一の事が
あれば困るから通帳預かるよと言われました。
本当に私に突然の万が一の事があればお金に困るのは息子です。
されど息子夫婦はお金にだらしない、
猫糞を決め込む恐れもあります。
お金を取り上げられたら家から放り出さ
れるかもしれません。

次男夫婦が近居におりますが、長男を差し置いて
次男に預ける訳にはいかないですよね。
この長男夫婦信用できますでしょうか。
息子は可愛いのですが・・・。






ウフフ

よくいうわよね

女の相談って結論出ていて

背中押して欲しいだけってさ

私の友達も

仕事として

そういうのやってるけど

9割はそんな感じらしいわ

私もそういうところあるのかしらね

よく分からないわ

しかしさ

ねだったもの一覧

アパートの敷金

新婚旅行のお金
家電
お小遣い



何これ?

嫁連れニート?

大五郎!ちゃーん!

って事?

さすがに昭和すぎるわよね

びっくりだわ

それでさ

この長男夫婦

信用できるわけないんだけど

そりゃ

ちょまちま貯めたらしい

数千万なんて

虎の子預けちゃ駄目って話よね

しかしこの人

これだけたかられて

数千万あるっていうのも

すごい話だわよ

私もちょまちま貯めているけど

桁が違うわよね

うらやましいわ

とにかくさ

通帳渡したら

いざ老人ホーム入ろうかって時になって

お金がすっからかんに

なっているでしょう

こういう

人のお金にたかる人って

その事に感謝もしていないというか

当たり前の権利だと思っているのよ

救いようがないわ

詳しくないけど

財産管理してもらえるような

そういう仕事している人探して

預けたほうがいいんじゃないかしらね

一番いいのは

自分がしっかりして管理する事だけど

年とると判断能力が落ちてくるからさ

とにかく今の時代は

自分の事は自分で完結するっていうのが

大事かもね

子供にいくらお金かけたって

老後面倒みてくれるなんて分からないし

それならお金貯めておいて

老人ホーム入ったほうが

確実でしょう

それでもこの人結局息子夫婦に

通帳とられてお終いっぽいけどさ

息子は可愛いのですが…なんていっている

時点で押し切られるでしょう

図々し人間が得をする

本当世知辛い世の中ね

堪忍ならないわ

さて

今日は

図書館いってくるわ

平日はバリキャリ

たまの休日に読書に勤しむ

出来る女を演出するわよ

それじゃ

オンボロ自転車で

出かけますわね

チャオ!







わてらに一票頼むニャン

にほんブログ村 その他生活
ブログ 節約・節約術へ



スポンサーリンク







posted by パート女 at 12:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする