四十路パート暮らし時給820円 > 過去ログページ
スポンサーリンク 








2017年01月04日

母が家庭を崩壊させた元凶って記事見たわ







スポンサーリンク





おはようございます

今日から

バリバリ働く

キャリアウーマンに

なっていきます!

略してキャリマン

あんぱんまんに登場して

印税もらいたいわよね

ドキンちゃんしばいてやるっての

ジャムおじさんのところに入り浸ってやるのだわ

ところで

母が家庭を崩壊させた元凶ってまとめみたわ

http://kosodatech.blog133.fc2.com/blog-entry-24195.html
母は子供好きの善人でなく、家庭を崩壊させた元凶でしかなかったのかもしれない



すみません。
酔っているので文章がわかりづらいかもしれません。
以下は私から見た続柄ですが、母に起きたことです。


叔母(母の妹)が未成年で妊娠、出産したがその後失踪。
父親の手かがり無し。
このままだと施設送りか?となったところ、既に3人の子がいた母が預かることに。
母は子供が好き。後1人くらい、と思ったのだろう。
当時小学生だった私も従姉妹(母にとっての姪)の面倒を見た。
父は何もしなかった。ミルクすら作らなかった。
専業主婦だった母は父が家にいる時間パートに出て(近所の居酒屋)、
その時間は私が従姉妹の夜泣きの対応をした。
父と母はその後一年ともたず離婚した。
そして母は3人+従姉妹(姪)の4人を1人で育てることになった。
長女の私ももちろん協力した。

その後数年、従姉妹が小学生になる年、叔母が名乗り出て従姉妹と暮らすことになった。
従姉妹は私たちときょうだいでなかったことにショックを受けたのか?
すぐに叔母(従姉妹にとって実の母)と暮らすことを了承。
叔母は母へ感謝の言葉もなく、寧ろ罵倒したらしかった。
(片親で育てたことや従姉妹の成績が良くなかったことなど)

私は私や母以外の登場人物がみんなひどい!と思って生きて来た。

しかし私も結婚し母になり、また違う視点を持つようになった。
母は父と離婚してまで従姉妹を育てるべきだったのか?
父と母の離婚によって、経済的な余裕はなくなりみんな高卒になった。
私はともかく弟は優秀だったのに、その進学の機会すらなくしたのは離婚が原因だ。
(奨学金云々あると思いますが、
下の子のためすぐに働きたいという動機ができたのは家庭環境のためだと思うので)
父も母と我が子のためなら働いたでしょうが、
何の責任のない子をいきなり連れ込まれていい気はしなかったでしょう。
(母が従姉妹を育てる経緯はよく知らないのですが、
あれがなければ離婚はなかったかもと聞いたことがあるので母の暴走かと思っています)

そうなると母は父にとってエネミーだったかもしれない。
私が父の立場で、夫の兄弟の子をいきなり連れ込まれていれば納得できなかっただろう。
母は子供好きの善人でなく、家庭を崩壊させた元凶でしかなかったのかもしれない。

何が言いたいのかもわかりませんが…、
整理がつかず、書き込んでみた次第です。


正直

胸が痛い

私はこういう記事を見たとき

小説書いている時のくせで

それぞれの

登場人物になりきって

物事を考え

視野を広げるように

しているのだけど

報告者の父親の心境を考えるとね

離婚の原因として

従妹を引き取ったことが

大きな要因でしょう

父親ってさ

ただでさえ

自分で産んでないから

母親よりは

子供との距離があるんでしょうし

まして

妻の妹の子供だと

もっと遠いんじゃないかしら

ミルクすら作らないといっていたけど

全然関係ない人間のために

なんで俺がそんなことしなきゃ

ならないんだってね

日々の鬱憤が

借金の利息のように膨れ上がって

1年でパンクしてしまった

一方

母親になりきって心境を考えると

自分が善い行いをしていると

自らが正義だと確信していてさ

夫にも

いろいろ強制したのかもしれない

姪を

子供同然に扱ってちょうだいみたいにね

正義の行動をしていると

そう思い込んでる人間ほど

傲慢になっていく

何故なら

自分は正しいから

自分を否定する人間は

間違っているから

そして

間違っているのなら

正さねばならないから



これは

私に返ってくる

ブーメランかもしれないけど

力なき正義はむしろ害悪なのかも

しれないわね

自分の器を超えてしまった場合

誰かに迷惑をかけることになる

誰かがつけを払うことになる

このケースの場合

それが夫であり

子供たちだった

身の程を知るということは

ただ謙虚であれということではなく

自分を守ることであり

同時に親しい人を守ることに

繋がるのでしょう

母は子供好きの善人ではなく家庭を崩壊させた

そう書いてあるけど

私は少し違うと思う

子供好きの善人かつ家庭を崩壊させた存在

そうじゃないかしら

ただ自らの器を超えてしまった

それだけ

地獄への道が善意で舗装されているというなら

天国への道は何で舗装されているでしょう

死んでみないとわからないわね

さて

それでは

webライターの仕事を1月の上半期で整理して

その後就職活動をしましょう

素敵な女性へ

一歩一歩

3歩あるいて10歩ダッシュ!

その精神で

頑張りますわよ

それじゃね

チャオ!

わてらに一票頼むニャン

にほんブログ村 その他生活
ブログ 節約・節約術へ




スポンサーリンク








posted by パート女 at 12:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職場のお局様エピソード







スポンサーリンク






実際に、「うちにはお局様がいる」という人に、代表的なエピソードを教えてもらった。

「なにか問題が起きると、すぐに『○○さんじゃない?』と人のせいにする。たいがいの原因はお前だ」(20代女性)

「お局さんが2人いた以前の職場。板挟みにあい、毎日のように2人から相手の悪口を聞かされ続け、『あなたは味方よね?』とやられ続けて。仕事もきつかったけど、それ以上に2人のご機嫌取りがしんどかった...精神的に限界が来て、辞めてしまいました」(30代男性)

「私の趣味が手芸だと知って『タダで作って』。材料費だけは出してくださいと金額を伝えたら『あんたの手作りに何でお金払わなきゃいけないの?』...私をなんだと思ってるんでしょうか」(30代女性)

「出社後30分は給湯室にこもり、出てきたと思ったらお菓子をちんたら分けはじめ、若い男の子や上司に配って媚を売りまくってる同僚。自分では『職場のいいお姉さん』気取りだが、周囲からは『最低の見本』扱い。一番忙しい時間にさぼるし、迷惑がられていることに気が付いてほしい」(50代女性)

全員に共通しているのが、「迷惑行為に自覚がない」ところ。できることなら出会いたくないお局様、自分の会社にはいないと思う人は、恵まれているのかも。


うん

お菓子を

男性にだけ配るのは

やめておいたほうがいいわ

それなら老若男女

国籍問わず

全員に配っておいたほうがいいわよ

これは鉄則

だってさ

お菓子なんてね

貰ってもそんなに恩に感じないけど

貰わなかったほうは

遺恨が残るのよ

職場の総体としての好感度が

確実に−になっているわ

それなら最初から配らないほうがいい

それか

自由にとってくださいって

置いておくとかね

それやって

全部残ってたら

死にたくなるけどさ

ここだけの話だけど

ちかこという人の実話らしいわよ

笑えないわ

でも笑って頂戴

あなたの笑顔で私の霧を晴らして頂戴

台詞的にいっちゃうわよね

こういうのって

結局

仕事できるかできないかで

同じことやっても

見る目が

変わってくるのだと思う

トロトロトロトロトロトロ

仕事してんだか

してないんだか

分からない人がさ

ちんたらちんたら

お菓子を配ってたら

なにあの人?

遠足気分?

仕事なめてんの?

って思われちゃうでしょうし

仕事がものすごく

できる人だったらさ

有能な人は

気配りもできるのねさすがだわ!

みたいに思われるのよ

美人で有能で気さく

憧れちゃうわよね

私美人なだけだからさ

フフいえただけで満足です

人生悔いなし!

まとめとしては

橋田寿賀子って

大河三つ脚本書いて

三つとも当てているのよ

渡る世間は鬼ばかりの一発屋ではない

凄い女ね

一目置いてしまうわ

さて

それじゃ

今からご飯作ろう

面倒くさいから

納豆ご飯とお味噌汁でいいかしらね

大豆さんありがとう!

ということで

失礼します

わてらに一票頼むニャン

にほんブログ村 その他生活
ブログ 節約・節約術へ




スポンサーリンク








posted by パート女 at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする